公私の場の使い分けが重要

ひとつ家の下、他人と一緒に暮らすのが人気のルーム・シェアシェアハウスです共用部分は一緒に使い、居間も1つです。ですから、いつでも誰かの存在を感じながら、安心と温もりある生活を送れます。それだけに、人とのかかわりが少なくなってきている今、ルーム・シェアを選ぶ人が増えています。魅力の部分は、いつも誰かがいるという安心感、話し相手がいるので解決方法が見つけやすいので悩みを抱えることなく相談相手がいる、また、自分とは違う環境や価値観の人と触れ合え視野が広がるなど、いろいろなプラス面があります。何か困ったことでも助けてくれる人がいるので、心強いのも人気の秘密です。しかし、逆にプライベートがないのではと心配する声もあります。しかし、ここで重要なのが公私の使い分けです。ルーム・シェアやシェアハウスでは、共用部分と個人的な空間である個室があります。同じ家の中ではありますが、この2つの空間をしっかりと使い分けることが大切です。共用部分では各々気を配って、全員が過ごしやすい環境になるように物質的にも、精神的にも配慮する必要があります。そのため、自分の行動も自分だけのことを考えていては成り立ちません。しかし、一歩個室に入ったら、そこは自分だけの空間として、気持ちも楽に自分の好きなように過ごすメリハリが大切です。自分の暮らしを無理に変える必要のない自室内と、一緒に暮らす仲間と合わせることが出要る共用部分との使い分けこそ、快適な暮らしを維持するためには必要です。また、それは自分だけでなく、一緒に住んでいる仲間に対しても配慮する必要があります。ルーム・シェアでは、プライバシーの確保が重要になってきます。ですから、仲間が自室にいる時は干渉せず、私的な時間もとれるように適度な距離感を持つことが大切です。自室と共用部分とで、公私の使い分けをすることがルーム・シェアでの楽しい暮らしのポイントになります。気持ちも切り替え、仲間にも同じ配慮をすることも欠かせません。

人気の旅行サイト

ヤンゴンのホテル 人気ランキング

人気のヤンゴンビジネスホテルも簡単検索

香港のホテル 人気ランキング

エリアごとのランキングで探せる香港ホテル予約サイト

台北のホテル 人気ランキング

変身写真館、茶藝館など人気のスポットからも探せるホテル予約サイト