トラブルは未然に防ごう 

家賃というのは生活費の中でも最も多くの金額を要するものですから、出来るだけ出費を抑えるために、ルーム・シェアをおこなう人が最近増えています。ルーム・シェアではひとつの家を友人、または他人と共有することになるわけですが、家族になら平気で指摘できるものが、友人や他人には、なかなか指摘できなかったりもするものです。
騒音問題やパーソナルスペースの線引きなど、いろいろな問題をはらんでいますが、そういった問題を指摘出来ないままいると、不満が募っていき、いずれ同居人とのトラブルに発展するなんてことにもなりかねません。
ですので、ルーム・シェアをおこなう場合には、価値観の違う他人が同じ家に住んでいるということを、しっかりと自覚する必要があります。
まずは最低限他人に迷惑の掛からない生活を心がけ、出来ることなら同居人のことをよく知っておくようにしましょう。
相手の嫌がることを知り、それをおこなわないことで、無用なトラブルを未然に防ぐことが出来ます。