いいことばっかりではないんだな 

最近ルーム・シェアを利用している若者が増えています。
ルーム・シェアは他人や友人とひとつの物件を共有することを言います。
1人で住むよりも家賃を安く済ませることが出来ますし、同居人が気の合う人だったりすると、普段の生活が何倍にも楽しくなるでしょう。ただし、いいことばかりではないのも事実です。
気の合う人といっても所詮は他人ですから、生活習慣は大きく異なります。家族になら指摘できることでも、他人にはなかなか指摘できない部分もありますので、価値観の違いによるストレスを感じる瞬間もあるでしょう。
また、ふいに同居人が家を退去するなんて事になると、家賃を一人で払わなければなりません。
ルーム・シェアをおこなっている時の家賃でぎりぎりの生活を送っている場合には、生活が成り立たなくなってしまう可能性すらあります。
ルーム・シェアは大変便利なものですが、いいことばかりではないということを頭に入れて利用する様にしましょう。